Sendai Youth Collaborate for a 'Better World'

Sendai Youth Collaborate for a 'Better World'

  • by Architecture for Humanity
  • Jan 17, 2012
  • comments

Last weekend, over 1500 young people from across Japan converged for 'Gift by Gift for a Better World', a 3-day workshop held at S-pal Square, Sendai Train Station in Sendai, Japan. The centerpiece of the workshop was the magnificent Paper Crane Sculpture, designed by students at Tohoku University of Art & Design and composed of 100,000 of the 2 million paper cranes folded by Paper Cranes for Japan participants in the wake of the 2011 Tohoku earthquake and tsunami.

先週末に仙台市内のエスパルで3日間行われた「ギフト・バイ・ギフト・フォー・ベター・ワールド」には、多くの子供たちが参加してくれました。東北芸工大学の花澤先生率いる学生さんたちが制作した吹流しなどを中心に、参加者と一緒に世界中の子供たちが被災地の子供たちを思って折ってくれた10万羽の折鶴を使って様々な作品を作りました。

After the Paper Crane installation was unveiled during a festive opening ceremony, young people and their families gathered to fill hundreds of gift boxes with paper cranes folded by their peers across the globe. These gift boxes will be given to children throughout Japan as a symbolic gift of hope and healing. Elements from the giant Paper Crane Sculpture - including a heart-shaped map of the world - will find permanent homes in Japanese schools across Sendai. Students Rebuild is excited to offer a day-by-day photo synopsis of the workshop and the Paper Cranes for Japan Challenge! Be sure to also catch a great, five minute video feature about the event that recently aired on NHK World!

ワークショップでは、世界中の子供たちが東北の子供たちを思って折った折鶴をギフトボックスにつめて飾り付けをし、世界から東北そして日本への贈り物として形を変えました。折鶴で作られたハート型に描かれた世界地図などは、仙台市内の小学校や児童館に寄贈されることになっています。下記はイベントの内容を日を追って写真と共につづったものです。後日、折り鶴ワークショップの模様がNHKワールドで取り上げられました。こちらで放送されたビデオをご覧になれます。

Day One: Students Converge for the Premiere of the Paper Cranes Sculpture
一日目: イベント初日、オープニング

On January 13th, hundreds of students from local elementary and middle schools participated in an opening ceremony. Afterward, each student added one paper crane to a beautiful heart-shaped map of the world.

1月13日には、200人あまりの子供たちがオープニングセレモニーに出席してくれました。式の後にはワークショップが始まりました。



Architecture for Humanity's Takahuru Saito captured the spirit of the opening ceremony in a short video:

アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティのデザインフェロー、斎藤高春さんがオープニング・セレモニーの様子をビデオにとってくれました。

Day Two: The Public Workshop Continues!
二日目: 一般参加のワークショップ

On the second day of the workshop, youth from across the region arrived in small groups to lend a hand to the production of a large paper crane banner that reads 'Thank You! Gift by Gift for a Better World'. You can find more photos from the second day of the workshop here!

二日目にも多くの子供たちが参加してくれました。ハート型の世界地図と平行して、「ありがとう!ギフト・バイ・ギフト・フォー・ベター・ワールド」の壁画も姿を現しました。ワークショップの写真はこちらで見ることができます。

Day Three: The Paper Cranes Prepare to Fly Home
三日目: 折り鶴たちが姿を変えて戻ってきました。

Students from the Tohoku University of Art & Design arranged hundreds of crane-filled gift boxes while school children helped to finish the 'Thank You' banner. In a few days, Tohoku University of Art & Design students and faculty will transport the finished paper crane elements to school sites across Sendai, where they'll become permanent art pieces.

10万羽を使った「ありがとう。。。」の壁画も世界地図もたくさんのギフトボックスも、参加してくれた子供たちのおかげで無事完成しました。これから慎重に、仙台市内4ヶ所の小学校や児童館に運んで飾ってもらいます。

About the Paper Cranes for Japan Challenge:

「ペーパー・クレーン・フォー・ジャパン」について

On March 11, 2011, a massive earthquake struck the Tohoku region of Japan, resulting in a devastating tsunami that ravaged countless villages and towns. In response, Students Rebuild partnered with DoSomething.org to ensure students worldwide have a way to support their Japanese peers.

2011年3月11日、日本の東北地方を襲った地震と大津波により、東京からわずか300キロメートル北の沿岸部が大きな被害を受けました。スチューデンツ・リビルドは、ドゥー・サムシング・ドット・オーグの「ペーパー・クレーン・フォー・ジャパン」に賛同し、世界中の子供たちが日本の子供たちを助けるための活動を始めました。

The challenge was to make and mail in an origami crane by April 15, 2011, and each crane received was matched with $2 to rebuild in Japan by the Bezos Family Foundation. The goal was 100,000 cranes to represent wishes of support and healing, which would trigger $200,000 from the foundation to fund Architecture for Humanity's Tohoku reconstruction efforts in partnership with Japanese designers and builders. According to legend, anyone who folds a thousand paper cranes, which are sacred creatures in Japanese culture, will be granted a wish by a crane.

子供たちに課されたチャレンジ(課題)は、2011年4月15日までに折鶴を折ってスチューデンツ・リビルドに送り、一羽につき2ドルをベソス・ファミリーファンデーションが東北の再建のための義援金を寄付するというものでした。絆と復興を願って、目標は10万羽。それは20万ドルとなり、アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティの東北復興プロジェクトに当てられる予定でした。折鶴は千羽鶴に願いを託すという日本の伝統に則ったものです。


At the dedication ceremony for their new school, École Elie Dubois students
fold paper cranes for Japan. Architecture for Humanity is rebuilding École
Elie Dubois in partnership of Students Rebuild: Haiti participants, who
collectively raised $680,000 for school rebuilding programs across Haiti.

The response to our call to action? An amazing 2,000,000 cranes from 38 countries! From Armenia to New Zealand, from rural Kansas to urban Philadelphia, from elementary school classrooms to church basements and community cherry blossom festivals, young people came together to fold paper cranes – and mailed them by the boxful. Six weeks after the disaster, we counted an incredible 1 million cranes – exceeding our wildest hopes.

世界中の子供たちの反応は予想以上に大きく、震災からわずか6週間には100万羽に達し、最終的には200万羽の折鶴が38カ国以上から(アメリカ国内では全50州から)寄せられました。アルメニア、ニュージーランド、カンザス州の田舎町から大都会フィラデルフィア、小学校の教室や町の桜祭りなどなど、様々なところで子供たちが折鶴を折り、箱いっぱいに送ってくれました。そんな子供たちの熱意に答えるために、当初予定されていた寄付金額を超える50万ドルの義援金が東北の復興のために集められました。

When the crane count exceeded the half-million mark, the Bezos Family Foundation decided to double its gift to $400,000 to reflect and further support the outpouring of generosity from young people across the world. Shortly after, an anonymous donor came forward to add $100,000 – making $500,000 for Japan! All proceeds from Paper Cranes for Japan support Architecture for Humanity's Tohoku Rebuilding Program.

50万羽を越えた時点で、ベソス・ファミリー・ファンデーションは子供たちの熱意にこたえるために、義援金を設定額の倍の40万ドルに増やしました。その直後、匿名の寄贈者から10万ドルの寄付があり、アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティの東北復興プログラムのために全額50万ドルを寄付していただくことになりました。