Embracing Change - Environmental Innovators Symposium in Japan. January 15-16

Embracing Change - Environmental Innovators Symposium in Japan. January 15-16

  • by Architecture for Humanity
  • Jan 08, 2014
  • comments

On January 15 and 16, Keio University's International Program for Environmental Innovators (EI) will host their 4th International EI symposium, Embracing Change: Building Resilience with Communities at their Hiyoshi Campus in Yokohama. The event is aimed at discussions around what a more holistic, strategic, and open-ended community development and planning framework might look like through addressing the following questions:

  • Can adaptation be addressed through resiliency building (in advance), must our actions always be reactionary, taking action after a disaster?
  • How can we scale the solutions developed at the local scale in order to have an impact regionally, nationally or globally?
  • How can scientific knowledge be transformed or applied in the built world in an active way?

Organized and led in part by Architecture for Humanity Tokyo Chapter leaders Bill Galloway and Christian Dimmer, the symposium will gather together actors and pioneers carrying out concrete projects directed at building resiliency around the world, including our Reconstruction and Resiliency Studio Director Eric Cesal! In a session titled Really Resiliency: Reconstruction After Disaster and the Shift from Small Scale Reaction to Large Scale transformation, Eric will speak on what the developing world can teach the first world about building resilient communities. See the full schedule here.

  • Date: January 15-16 (9:30AM~) Place: Hiyoshi Campus of Keio University: Raiosha Building, Symposium Space Fee: FREE Language: English with simultaneous translation in Japanese Register: Here by January 13 12:00 JST



慶應義塾大学「未来社会創造型環境イノベータ育成プログラム」は1月15日、16日の2日間に渡って慶應義塾大学日吉キャンパスにて第4回環境イノベータ国際シンポジウム「変化を捕まえて:地域と共にレジリエンスをつくる」を開催します。 このシンポジウムのテーマは以下にある質問に対して何かしらの指針を得ることが目的とされています。

  • 気候変動への適応は(事前の)レジリエンス構築を通して実現可能だろうか。あるいは、災害後にそれに反応する形でしか行動できないのだろうか。
  • 地域規模で開発された解決策をどのように地方レベルや国レベル、あるいは、グローバルに展開できるだろうか。
  • 科学的知見がどのように現場で使用・適応できるだろうか。

このシンポジウムは、レジリエンス構築のために具体的なプロジェクトを実践している様々な立場の専門家を国内外から招きます。アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティ東京支部のリーダーであるクリスチャン・ディマとビル・ギャロウェイが企画・運営するセッション3「実際のレジリエンス:災害復興と小規模の再生から大規模の変化へ 」では、アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティを代表して、災害防災・復興スタジオディレクターのエリックも彼の開発途上国での経験を通じて、それがどのように先進国でレジリエンス構築の役に立つのかという事について話す予定です。 詳しくはこちらへ。

  • 日時:2014年1月15日(水)、16日(木)9時30分より 場所:慶應義塾大学日吉キャンパス、来往舎 参加費:無料 言語:英語・日本語同時通訳 事前登録:こちらへ(締め切り1月13日)



(poster by Keio Environmental Innovators)