Architecture for Humanity mentioned in a Guardian article on the Reconstruction of Tohoku

Architecture for Humanity mentioned in a Guardian article on the Reconstruction of Tohoku

  • by Architecture for Humanity
  • Feb 14, 2014
  • comments

In an article published on January 27, Senior Design Fellow, Akinobu "Aki" Yoshikawa, and one of our Tokyo Chapter coordinators, Christian Dimmer, talked about the current state of reconstruction in Ishinomaki. Take a look at the article, Ishinomaki: new communities rise from tsunami's devastating divisions. ザ・ガーディアン紙が1月27日に、『石巻:被災地区から生まれた新たなコミュニティ』(英文のみ)をオンライン出版し、被災地ならびに石巻の現状についてインタビューを受けたシニア・デザインフェローの吉川とアーキテクチャー・フォー・ヒューマニティ東京支部コーディネーターのクリスチャン・ディマーのコメントが掲載されました。

This article states how the extensive damage and bureaucracy processes have been slowing down the progress of reconstruction efforts throughout the affected areas. Three years after the catastrophic event, communities are still struggling to rebuild. Architecture for Humanity will continue working with community members and community partners to build back better Tohoku. 甚大な被害や政府の煩雑な対応のために復興活動は遅れてます。震災から3年経とうとしている今も被災地の復興はまだまだな状態です。アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティは引き継き「よりよい東北」へ向けて、東北の被災者の方々そして他の支援団体の方々と協同していきます。