伊東豊雄氏が2013年プリツカー賞受賞 / Toyo Ito Awarded 2013 Pritzker Prize

伊東豊雄氏が2013年プリツカー賞受賞 / Toyo Ito Awarded 2013 Pritzker Prize

  • by Architecture for Humanity
  • Mar 18, 2013
  • comments

日本人建築士伊東豊雄氏が、建築界最高の賞プリツカー賞を受賞されました。伊東氏が主宰する伊東豊雄建築設計事務所がデザインした「みんなの広場」プロジェクトに、アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティもデザイン/建築費を支援しています。

Japanese architect, Toyo Ito, has been awarded the 2013 Pritzker Prize. The Park for All project that Toyo Ito & Associates, Architects designed, is funded and supported by Architecture for Humanity.

プリツカー賞は毎年建築を通じてヒューマニティと環境に貢献していることを認められた建築士に送られ、建築界のノーベル賞とも呼ばれるとても名誉のある賞です。日本人としても丹下健三氏、槙文彦氏、安藤忠雄氏、SANAA(妹島和世氏、西沢立衛氏)に続く6人目の受賞です。

The Pritzker Architectural Prize is awarded annually to honor an architect whose built work demonstrates significant contributions to humanity and the built environment. Toyo Ito is the sixth Japanese architect to become a Pritzker Laureate following Kenzo Tange, Fumihiko Maki, Tadao Ando and SANAA (Kazuyo Sejima and Ryue Nishizawa).

伊東氏は世界中で図書館や博物館、ホテル、住宅など多岐にわたるプロジェクトを手がけていらっしゃいます。その中で、2011年の東日本大震災以降、日本を代表する4人の建築士たち(隈研吾氏、山本理顕氏、妹島和世氏、内藤廣氏)とともに帰心の会を結成し、「みんなの家」プロジェクトを通じて仮設住宅の狭間にみんなで使えるリビングルームのような空間を作っていらっしゃいます。

Mr. Ito has designed and built various projects all over the world, and founded KYSIN-no-kai with four well-known Japanese architects (Kengo Kuma, Riken Yamamoto, Kazuyo Sejima and Hiroshi Naito) after the Great East Japan Earthquake in 2011. KYSIN-no-kai has been working with various communities in the affected areas to create community spaces in tightly planned temporary housing complexes.

私たちはこれからその彼らの活動の延長となる「みんなの広場」プロジェクトを通じて、伊東氏ならびに帰心の会の方々と、釜石の被災者の方々のためにお仕事ができることをとても誇りに思い、そして楽しみにしております。伊東先生、おめでとうございます。

We are very honored and thrilled to work with Mr. Ito and KYSIN-no-kai on the "Park for All" project for the community of Kamaishi. Congratulations, Mr. Ito!