Paper Crane Sculpture Update / 折鶴オブジェプロジェクト アップデート

Paper Crane Sculpture Update / 折鶴オブジェプロジェクト アップデート

  • by Architecture for Humanity
  • Sep 27, 2011
  • comments

Kumiko Fujiwara, the head director at Supporting Organization for Artists of Tohoku (SOAT) found the site for the paper crane sculpture. It is going to be at the ground floor of Sendai Station.

東北の造形作家を支援する会で理事をやっていらっしゃる藤原久美子さんが、折鶴オブジェの設置場所を確保してくれました。仙台駅のエスパル・スクエアです。

Yota Hanazawa, the professor at Tohoku University of Art and Design (TUAD) and his assistant Koji Sakuta came up with the conceptual design of the installation.

そして、東北芸工大学の花澤洋太先生と作田弘治先生が、このようなイメージ画も作ってくださいました。

With Kumiko's initiative, Prof. Hanazawa and Mr. Sakuta will also organize on-site workshop with local elementary school students to create artwork. It will be exhibited along the main sculpture that TUAD students will work on campus under guidance of Prof. Hanazawa and Mr. Sakuta.

藤原さんを筆頭に、花澤先生と作田先生が協同で、地元の小学生の参加者を募ってワークショップも行なう予定です。そのワークショップで作られたオブジェも、東北芸工大の皆さんが作られるオブジェと共に展示されることになると思います。

The workshop and exhibition are scheduled from February 1, 2012 to February 5, 2012. After the period, we are planning on relocating those sculptures to one or more schools in the area.

ワークショップと展示の期間は、2012年2月1日から5日の予定で、その後オブジェは地域の小学校などに寄贈されることになりそうです。

See the latest updates of this project here.

このプロジェクトの最新情報はここで見ることができます。