Five More Weeks Left! (折鶴ワークショップイベントまであと5週間!)

Five More Weeks Left! (折鶴ワークショップイベントまであと5週間!)

  • by Architecture for Humanity
  • Dec 06, 2011
  • comments

Professor Youta Hanazawa and the students at Tohoku University of Art and Design (TUAD) received the early Christmas gift -- 100,000 paper cranes!

東北芸工大学の花澤先生と学生さんが、ちょっと早めのクリスマスプレゼントとして昨日、10万羽の折鶴を受け取りました!

After they opened all boxes and admired all the work that children all over the world put in, they came up with the final design of the paper crane sculpture. We are going to have a big installation created by the TUAD students, and hold a workshop with local children between January 13th and 15th in Sendai. The title of the workshop is “Gift by Gift for a Better World”. At the workshop, children are going to make gift boxes filled with paper cranes and decorate them. These gift boxes are going to be sent to local schools as gifts from children all over the world. Come join us if you are in Sendai area in January!

みんなで箱を一つずつ開けて、世界中の子供たちが折ってくれた折鶴の美しさに見入った後、オブジェの最終デザインに入りました。花澤先生と芸工大の学生たちが、大きなオブジェを作ると同時に、地域の子供たちと共に、1月13日から15日に仙台エスパルスクエアでワークショップを行う予定です。ワークショップのテーマは、「ギフト・バイ・ギフト・フォー・ベター・ワールド」(贈り物によってつながるよりよい世界)。当日は、集まってくれた子供たちと共に、世界から集められた折鶴を箱詰めし、その箱に飾りをつけます。それを地域の学校などに世界中の子供たちからの贈り物として送ります。もし仙台にいらっしゃるなら、ぜひ参加してください!