Yamayo Suisan: Foundation Work Underway ヤマヨ水産:工事開始

Yamayo Suisan: Foundation Work Underway ヤマヨ水産:工事開始

  • by Architecture for Humanity
  • Aug 28, 2013
  • comments

On July 17th, the MakiBiz team visited Yamayo Suisan, a young oyster farming business we are supporting through the MakiBiz Request for Proposal.

7月17日、まきビズチームはまきビズ『よりよい東北を』東日本大震災被災中小企業支援プロジェクトの一企業として選ばれた牡蠣養殖業者のヤマヨ水産を訪れました。

Because this business is located on the small island of Oshima off the coast of Kesennuma, the visit began with Mr. Komatsu, the owner, picking up our crew on his fishing boat. A new bridge is scheduled to connect the island to the mainland but not to the site, and while a ferry exists, it docks on the other side of the island in a location difficult to access to from the site. It looks like the MakiBiz team will be taking Mr. Komatsu's boat often during construction!

この訪問はオーナーの小松さんが漁船でまきビズチームを迎えにきてくれました。 彼らは気仙沼から近い大島に位置しており、海上でしか訪問することができません。フェリーは存在するものの、現場からは島の反対側にターミナルがあるため、現場に行くには不便です。陸と島をつなぐ橋が将来的に建てられる予定ですが、これも現場からは遠いため工事中は頻繁に小松さんの漁船で通うことになりそうです。


A little help needed to dock the boat. 船を停留するのも手伝いました。

Construction Underway 施工開始
When the team arrived, foundation work was already underway and carpenters were preparing wood members for framing.
チームが訪問した時点で基礎工事をほぼ完成しており、大工さんは建物の構造に使う木材の用意をしていました。


Using the old building foundation as the base for the new. 前の建物の基礎をベースとして新しい基礎を施工中。

The Use of Local Wood to Rebuild 地元の木材を使用
A unique aspect of this project is its use of wood harvested from trees on the hill behind the site. Mr. Komatsu and his family decided to use this wood to reconstruct, immediately following the disaster, and after harvesting the trees and curing the members for a full year, the members are now ready for use. For them, it was much more economical to cut, skin, cure and prepare the wood members than to purchase them elsewhere. It's quite literally local wood! Even having the workforce and space required to do this, it is still an amazing feat by today's standards.

このプロジェクトでユニークなのは現場の裏山の木を使用することです。震災後、小松さん一家はこの木を使用して建物を再建しよう、と決心しました。切り倒した木を一年間養生し終えた後、木材はようやく使用できる状態になりました。他から材木を調達するのではなく、自ら木を切り倒し、木材と使用するための準備をした方が経済的だったのです。労働力と十分なスペースがあったとは言え、この作業は今時偉業なものです。


This cured local wood comes from the forest behind. 養生された木材は裏山から採取されました。


Stay tuned for more as this project moves forward!

これから施行は着々と進んでいきます。このプロジェクトのアップデートをお楽しみに!