United Nations Sport for Development and Peace (UNOSDP) Youth Leadership Programme Visits Ishinomaki

United Nations Sport for Development and Peace (UNOSDP) Youth Leadership Programme Visits Ishinomaki

  • by Architecture for Humanity
  • Feb 18, 2014
  • comments

The United Nations Sport for Development and Peace (UNOSDP) was introduced by seventh Secretary-General of the United Nations, Kofi Annan in 2011 to promote sport as an innovative and efficient tool, and to strive to maximize the contribution of sport and physical activity to help create a safer, more secure, more sustainable, and more equitable future.

国連開発と平和のためのスポーツ局(UNOSDP)は、2011年に第7代国際連合事務総長のコフィー・アナン氏が立ち上げました。スポーツをより安全で、持続的、また平等な教育と健康のための道具として活用することに関心を持つ者に対し、幅広く学際的な交流を奨励してます。

The UNOSDP includes a Youth Leadership Programme, which provides a forum for highly motivated youth seeking to make a difference in their society through sports. From January 20 to 30th, thirty youth between the ages of 18 and 25 from 14 countries throughout Asia came to Japan, to learn about various Sport-for-Development-and-Peace projects and to learn how to adapt them to their own communities.

1月20日から30日の間、アジア各国の貧困地域や難民キャンプなどから選出された18〜25歳の30名程度の若者が第8回UNOSDPユースリーダーシップキャンプ参加のため、来日しました。このキャンプは、スポーツを通した教育やまちづくり等の研修を通して、アジア各国のコミュニティリーダーを育成するために行われたものです。

As part of their visit, the delegates visited Ishinomaki for two days between the 25th and 26th to interact with youth in the tsunami affected areas. For this portion of their trip, our Japan regional office, MakiBiz coordinated their two-day program on behalf of the Japan camp organizer, Jigoro Kano Memorial International Sport Institute.

キャンプの一環として彼らは25日と26日の2日間、被災地を訪問するために石巻を訪れました。石巻滞在中、アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティのまきビズスタッフがキャンプの日本主催者である嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センターと協同で彼らを案内しました。

The first day was spent visiting several sites around Ishinomaki to see the current state of the city, ending with a lecture by Principal Saito and a discussion with students from Ishinomaki Nishi High School. On the second day, MakiBiz and Playground for Hope presented their their projects in the morning, followed by a traditional rice cake making experience for lunch. To end the day, Playground for Hope led a brainstorming workshop focusing on designing a playground for the children of Ishinomaki.

1日目は石巻市内を観光し、震災からの復興状況を視察しました。午後は石巻西高校の斉藤校長が講演し、高校生達と対話する場が設けられました。2日目は震災復興支援をしているプレイグラウンド・オブ・ホープとまきビズがそれぞれの活動について発表し、昼食には餅つきを行いました。最後にプレイグラウンド・オブ・ホープが開催した石巻の子供達のための公園をデザインするワークショップに参加し、石巻訪問を終えました。


Workshop at Ishinomaki Nishi High School
石巻西高校でのワークショップ


Senior Design Fellow, Akinobu Yoshikawa, presented about Architecture for Humanity and MakiBiz to the UNOSDP fellows.
シニア・デザインフェローの吉川が、UNOSDPの研修生達にアーキテクチャー・フォー・ヒューマニティとまきビズの活動について発表しました

Our clients, Matsubara-so and Oikawa Denki, also participated in this event.
私たちのクライエントである松原荘及川電機の方々もこのイベントに参加しました。

We hope the fellows learned something valuable to take back to their community from this experience, and keep in touch with us!
研修生たちがこの研修から何かを学び取っていただけたと思います。彼らのこれからの活躍が楽しみです!

(See more photos from this event here on our facebook page.)