BEYOND Tomorrow Visits Headquarters

BEYOND Tomorrow Visits Headquarters

  • by Architecture for Humanity
  • Aug 20, 2013
  • comments

Two years after the event, the memory of the devastation and heartbreak caused by the Great East Japan Earthquake of 2011 is beginning to fade. But for the kids of BEYOND Tomorrow, the events of that day changed their lives in ways they could never have imagined, in ways that they will never forget.

3.11から2年が経った今、東日本大震災が及ぼした被害が人々の記憶から遠ざかり始めています。しかし、この震災はBEYOND Tomorrow夏季グローバル研修生を含む被災者の記憶からは決して消える事はありません。東日本大震災は彼らの日常生活に想像しがたい影響を及ぼしました。

BEYOND Tomorrow is an organization founded in 2011 to support and nurture leadership among the young victims of the earthquake, many of whom lost family members and/or their homes to the disaster. Many of the students have been inspired to pursue futures in politics, planning, and other community based fields to help their country regroup and rebuild after the disaster.

BEYOND Tomorrowは被災した若者たちが逆境の中でも希望を失う事なく、大きな夢を抱いて社会に貢献する人材に育つことを目的として2011年に成立されました。このプログラムに参加する生徒は様々な機会に触れて、政治や都市計画などの団結した地域の復興のために働くことを目標としています。

Students participating in the summer 2013 BEYOND Tomorrow U.S. program visited the Architecture for Humanity (AfH) headquarters on August 8th to learn about AfH, the ongoing Tohoku Rebuilding program, give their input, and tell their stories. Architecture for Humanity’s projects in Japan are in or near the towns where the students are from, making the discussion especially personal and irelevant.

8月8日に2013年TOMODACHIビヨンドトゥモロー米国サマープログラム参加者は、アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティ本部を訪れ、まず当団体スタッフが団体についてと東北復興プログラムについて説明をし、彼らの意見や彼ら自身の話を聞く場をもうけました。アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティのプロジェクトの多くは生徒たちの出身地の近くに建てられているので、彼らとの会話は特に私的で興味深いものとなりました。

Hiromi Tabei, the Tohoku Rebuilding program coordinator set up the meeting with Betty Borden of the Japan Society, and was pleased with the outcome. "They asked us a lot of questions, and some of them were quite tough to answer," she said. "Through such well-thought questions, I sensed their determination to make a change. It was great to hear that many of them want to play important roles in their society by becoming politicians, social entrepreneurs, and journalists."

ジャパンソサイティのベティー・ボーデンとの話し合いの結果この機会を頂いた東北復興プログラムコーディネーター、田部井宏実は、この機会はとても良いものだったと話しました。「生徒はこちらが答えるのが難しく思った質問も多く投げかけてきましたが、そんな内容からコミュニティを変えていこうという強い決心がひしひしと伝わってきました。政治家や社会的な起業家、ジャーナリスト等の職業を通して地域で重要な役割を果たしたいという彼らをとても頼もしく思います。」

The stop at the office was their first on their trip around the US. They plan to met with other organizations before transferring to New York, where their agenda included a visit to the World Trade Tribute Center, a visit to the Japan Society, and dinner with the US-Japan Council.

アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティ本部の訪問は米国では一つ目の訪問地でした。彼らはこの後サンフランシスコの団体をいくつか訪問し、ニューヨークへと移動しました。ニューヨークでは世界貿易センター記念碑やジャパン・ソサエティの訪問、米日カウンシルとの夕食会に出席したようです。

Their unwavering spirit and determination to not only be a part of, but help create a more resilient future for Japan was inspiring, and we look forward to hearing about the great things they will undoubtedly accomplish.

よりよい日本を未来に向けて創りあげようという彼らのしっかりとした心持ちと強い決意に私たちも感銘を受けました。これから様々な事を遂げるであろう彼らの将来が楽しみです。

Said Tabei, "All of them would like to send their message out to the world about the current status of Tohoku, and to share their ideas about their future. I hope that Architecture for Humanity will help spreading their word."

「彼らは東北の現状、そしてそれぞれの未来に対してのアイディアを世界に伝えていこうとしています。アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティを通して少しでも彼らの想いを伝えることができれば、と思います。」と田部井は最後に述べました。


Check out the photos below for a look at some of the Architecture for Humanity projects in Japan, or learn more on the Open Architecture Network.
下記を通してアーキテクチャー・フォー・ヒューマニティの東北でのプロジェクトをいくつか紹介します。詳しくはOpen Architecture Networkをご覧下さい。


Energetic kids at the Ohya Green Sports Park, a project that converted farmland into a football pitch for the local youngsters.大谷グリーン・スポーツパークで元気よく遊ぶ子供達。このプロジェクトは地元の子供達のために、寄付された休耕していた農地をスポーツパークへと変えたものです。


Two girls in front of a wall of paper cranes, the product of a fundraising collaboration between Architecture for Humanity and Students Rebuild. The project far exceeded expectations when it received 2 million cranes from around the world, well beyond the anticipated 100,000!折鶴で作られた壁の前でポーズをとる子供たち。この折鶴はアーキテクチャー・フォー・ヒューマニティがスツーデンツ・リビルドと共に資金集めをして実行されたプロジェクトです。予想されてた10万羽を大きく上回る200万羽以上もの鶴が世界中から届きました。


Members of the Women’s Group of Oshika Peninsula Fishing Union stand in front of their new building, a proposal that was the first place winner of Build Back Better Tohoku. 完成した牡鹿ハウス「ぼっぽら」の前に立つ牡鹿漁業協同組合女性部。この建物は「よりよい東北を」コンペで一等賞として選ばれた提案が実行されたものです。


Kids participate in a workshop at the Kitakami "We Are One" Market and Youth Center, which hosts a wide range of community geared events, including after-school programs and english classes.
北上ウィー・アー・ワン・マーケット兼子供ハウスで開催されたワークショップに参加する子供達。このコミュニティハウスで地域のイベント、そして放課後のプログラムや英会話教室等の様々な集まりの場所として活用されています。